Doctor's Network

"夢をつなぐ" Doctor's Network

先輩医師の紹介

障害別:すべて

J

名前J
所属大学病院
診療科総合診療科(緩和ケア)
障害の内容黄斑変性症による視覚障害(5級)
障害の発生時期医学部入学以前

これまでの経緯

中学生の頃から視力の低下は若干ありましたが、日常生活には不自由ありませんでした。視力の低下が進んできたこともあり、医学の道をめざすようになりました。医学部に入ってからは、講義にしっかりでることで、試験勉強にあまり負担がかかりすぎないようにしました。

医師として働く上での工夫や配慮

持ち歩く道具として拡大鏡と、タブレットを使用しています。労働環境としては、電子カルテの導入により、カルテを読むことや書くことの負担が大幅に減りました。拡大機能を使うことで対応はできています。今後の視力の状況によっては、読み上げ機能の導入も考える余地がありますが、費用やどの端末にいれるかなどの課題があります。画像の確認は、必要に応じて・・・(「詳細情報を見る」へ)

医師を目指す方や医師を続けることに不安を感じている方へのメッセージ

医師になってから視力が悪化した場合:視力の程度にもよりますが、医師の仕事を続けることはできると思います。どのような形で自分が医師の仕事を続けたいか、今までの経験をどう繋げていくかを考えなくてはいけないと思います。「視覚障害をもつ医療従事者の会(ゆいまーる)」の他の先生方の活躍を見ると、苦労されている先生もいますが、それぞれ色々と工夫されたり、診療科を変えたり、サポート体制の工夫、病院組織としての理解などがうまく整えば、医師として働き続ける可能性は十分あると・・・(「詳細情報を見る」へ)

詳細情報を見る インタビューを見る

ドクターWEST

名前ドクターWEST
所属民間クリニック
診療科心療内科
障害の内容視覚障害(1級)、上肢障害(3級)、下肢障害(2級)
障害の発生時期医学部在学中

これまでの経緯

医学部5回生時にギランバレー症候群に罹患し、視覚障害と上下肢障害を持ちました。全盲で医師国家試験を受け、精神科の道を選びました。
現在クリニックで外来診療をしています。

医師として働く上での工夫や配慮

種々の事務作業、書類の読み上げ、テキスト化、トイレへの移動介助など様々なサポートをしていただいています。カルテ作成には音声パソコンを使います。
患者さんには初診時から、目が不自由であること、話を聞かせていただきながら診察を進めていくことを伝えます。

医師を目指す方や医師を続けることに不安を感じている方へのメッセージ

早めに視覚障害に対しての情報収集をすることで、
冷静にこれからのことを考えたり、できることの範囲が広がる可能性があります。情報交換できる当事者会の一つとして、「視覚障害をもつ医療従事者の会(ゆいまーる)」があります。

詳細情報を見る インタビューを見る

Hemi

名前Hemi
所属公的病院
診療科緩和ケア科
障害の内容右上下肢機能障害(2級)
障害の発生時期医師になってから

これまでの経緯

発症から仕事復帰まで半年を要したが、結果的に右不全麻痺は残存し、杖歩行で移動、業務の遂行には時間がかかるようになった。…(「詳細情報を見る」へ)

医師として働く上での工夫や配慮

手技的には右が使えない分、左でカバーして業務しているが、一番重要な点は自分の希望と今できるであろう業務について同僚、上司を含む病院全体が業務変更等の最大限の配慮してくれたました。

医師を目指す方や医師を続けることに不安を感じている方へのメッセージ

障害があっても医師にしかできない仕事はたくさんあり、自分の希望や方針をしっかり持って、一歩ずつ前に進もうという姿勢が重要だと思います。…(「詳細情報を見る」へ)

詳細情報を見る インタビューを見る

Y.F

名前Y.F
所属民間病院
診療科リハビリテーション科
障害の内容先天性両下肢障害
障害の発生時期医学部入学以前

これまでの経緯

両足に装具をつけて歩行はできますが、段差の昇降や長距離の移動は困難ですので、
学校生活では校内の移動や体育の授業、校外での行事の際に配慮して…(「詳細情報を見る」へ)

医師として働く上での工夫や配慮

職場での移動には困ることはありません。
検査や処置を行うときに、やりやすいようにベッドの高さや機器の位置などを調整したり…(「詳細情報を見る」へ)

医師を目指す方や医師を続けることに不安を感じている方へのメッセージ

医師というととにかく体力が必要というイメージがあり、医学部に進む前は自分にできるのか不安に
思っていましたが、実際には想像以上に働く場所や働き方も…(「詳細情報を見る」へ)

詳細情報を見る インタビューを見る

S.S.

名前S.S.
所属民間病院
診療科脳神経内科志望
障害の内容下肢不全麻痺
障害の発生時期医学部入学以前

これまでの経緯

・障害を持ったうえで働ける職業がわからなかったので、将来のイメージがしづらく悩んだ。周囲に同じ状況の人も
いないので、相談する相手がわからなかった…(「詳細情報を見る」へ)

医師として働く上での工夫や配慮

・初期研修の病院も理解のある病院で、入職前には下見をして、車椅子の通れない狭い通路があれば配置を
変えたり、他の研修医と遜色なく働けるように配慮してもらった。車通勤が必要なため…(「詳細情報を見る」へ)

医師を目指す方や医師を続けることに不安を感じている方へのメッセージ

医師になりたい、部活をしたいなどの希望はchallengingなことでしたが、周囲の方が理解してくださり、
応援してくださったこそ色々なハードルがあっても進んでこれたのだと思います…(「詳細情報を見る」へ)

詳細情報を見る インタビューを見る

Yossy2

名前Yossy2
所属公的病院
診療科消化器内科
障害の内容慢性腎不全(1級)
障害の発生時期医師になってから

これまでの経緯

昔は職員検診もなかった(?)こともあり、勤務先が変わって初めての職員検診で腎生検の意味が無いほど進んだ慢性腎臓病になっていることが分かりましたが、その後も残業・当直・緊急呼出含め通常どおり勤務を行っていました…(「詳細情報を見る」へ)

医師として働く上での工夫や配慮

夜間透析クリニックの師長さんから在宅透析・オーバーナイト透析を積極的に行われているクリニックを紹介していただき、訓練の末に、現在は隔日で在宅オーバーナイト透析を行っています。

医師を目指す方や医師を続けることに不安を感じている方へのメッセージ

在宅オーバーナイト透析であれば、勤務医としての通常勤務は勿論のこと、カンファレンスや研究会、飲み会への参加も出来、また1泊であれば遠方の学会への参加も可能です。十分な透析が出来るため、透析歴が8年を超えましたが…(「詳細情報を見る」へ)

詳細情報を見る

radiologist

名前radiologist
所属公的病院
診療科放射線診断科
障害の内容脊髄損傷(胸髄)による両下肢機能障害
障害の発生時期医師になってから

これまでの経緯

私は受傷前は外科医でしたが、自転車で走行中の交通事故により脊髄損傷となり、外科医として勤務を継続することは断念せざるを得ませんでした。ただ、なんとか医療現場へ早く復帰したかったので、それがリハビリのモチベーションとなり、幸いなことに外科医時代にお世話になった先生方から画像診断医としての復帰の道を提案していただき…(「詳細情報を見る」へ)

医師として働く上での工夫や配慮

当直業務や、造影剤などを注入するための患者さんへの注射業務は免除させていただいています。画像診断医は基本的にはデスクワークであり、その他の工夫や配慮はしていません。臨床医とのカンファレンスにも参加していますし、…(「詳細情報を見る」へ)

医師を目指す方や医師を続けることに不安を感じている方へのメッセージ

医療や学問の分野は物理的にも考え方でも他の分野以上にバリアフリーです。医療の知識、経験が生かされる場所は必ずあり、全力で仕事できる環境もたくさんあります。たまには迷惑をかけることもあるかもしれないですが、細かいことを気にしていては充実した仕事はできないので…(「詳細情報を見る」へ)

詳細情報を見る インタビューを見る

EBドクター

名前EBドクター
所属大学病院
診療科皮膚科
障害の内容表皮水疱症
障害の発生時期医学部入学以前

これまでの経緯

産まれた頃から皮膚が弱く、少しの外力で容易に傷ができていました。
そのため、柔道・ラグビー・水泳などの体育は見学することも多かったです…(「詳細情報を見る」へ)

医師として働く上での工夫や配慮

疲れがたまると皮膚の状態が悪くなるので、早めに仕事を終えるように気を付けています。

医師を目指す方や医師を続けることに不安を感じている方へのメッセージ

私は自分自身が病気であることを基本的には患者さんにお話ししていません。
ただ、患者さんやそのご家族が遺伝病や皮膚の病気で悩んでいる時に、自分自身の事をお話しし…(「詳細情報を見る」へ)

詳細情報を見る インタビューを見る

Masao

名前Masao
所属民間病院
診療科整形外科
障害の内容四肢不全麻痺
障害の発生時期医学部在学中・医師になってから

これまでの経緯

医学部5年生の時に特発性大腿骨頭壊死症を発症し、手術。免荷が必要な時期が長期にわたり、両側性なので繰り返した。松葉づえを使う時期はポリクリで支障があった。特に手術室に入るのには「来なくてもいいのに」と露骨に言われ、「出なくても単位はくれるんですか?」と食い下がった。…(「詳細情報を見る」へ)

医師として働く上での工夫や配慮

難病の治療は免疫抑制剤や生物学的製剤を使って安定してきてはいる。急性増悪がほとんどなくなったので治療と就労の両立は現時点ではできている。ステロイド性骨粗鬆症があり脊椎圧迫骨折を繰り返してしまう。断続的な休業が発生してしまい、周囲の医師に負担を強いることになってしまう。…(「詳細情報を見る」へ)

医師を目指す方や医師を続けることに不安を感じている方へのメッセージ

障害や難病があるということは患者さんや障害のあるスタッフの抱える困難を真に理解できる立場にあるという幸運でもあります。患者さんから信頼され本心を語ってもらえるのは健常者よりも早いです。但し職能の面ではスタッフにも患者さんにも不安を持たれないよう…(「詳細情報を見る」へ)

詳細情報を見る インタビューを見る

地方の勤務医

名前地方の勤務医
所属公的病院
診療科循環器内科
障害の内容右下肢機能障害(4級)
障害の発生時期医学部入学以前

これまでの経緯

自分ではあまり意識はしていませんでしたが、やはり障がいがあることで、職業の選択はある程度限定されてきます。
周囲の家族から医師になることがベストであることを言われて知らず知らずのうちに医師の道を選んでいました…(「詳細情報を見る」へ)

医師として働く上での工夫や配慮

どの職種も同じだと思いますが、人間関係が重要と思います。
特に自分の能力、仕事に対する姿勢を評価してくれる方との出会いはとでも大切です。自身はそういう出会いがあり幸運であったと感謝しています。

医師を目指す方や医師を続けることに不安を感じている方へのメッセージ

医師になれば臨床以外に基礎医学で研究、あるいは公衆衛生に進み、保健所の所長などの役人になるなどのいろいろな選択肢があります。障害の程度に応じて選択があると思います。

詳細情報を見る